寒地土木研究所

  • 文字サイズ:
  • 文字サイズ「最大」
  • 文字サイズ「大」
  • 文字サイズ「標準」

研究情報

寒地土木研究所ページトップ

研究情報

研究チーム・ユニットの紹介

  ご覧になりたい研究チーム名等をクリックすると、それぞれの紹介箇所へジャンプします。

<寒地基礎技術研究グループ> <寒地保全技術研究グループ> <寒地水圏研究グループ> <寒地道路研究グループ>【北の道】 <寒地農業基盤研究> <技術開発調整監> <研究ユニット>

寒地基礎技術研究グループ

 積雪寒冷地においては厳しい環境条件にさらされるため、道路施設等の建設などに際しては、寒さなどに強い構造や工法を考えなければなりません。また、北海道には泥炭と呼ばれる極めて特異な性質の土が低平地に広く分布し、道路や河川堤防の建設にあたっては軟弱地盤対策を講じなければなりません。さらに、道路の安全を守るため、沿岸や山岳地帯の道路における地質・環境条件等に応じた斜面崩壊対策技術が求められています。
 寒地基礎技術研究グループでは、これらの課題に対処するため、寒地構造、寒地地盤および防災地質チームにおいて、寒冷な自然環境下における道路構造物の機能維持のための技術開発や斜面災害の減災などのための技術開発に関する研究を行います。
寒地構造チーム(別ウインドウが開きます)
 主な研究内容  
  ・雪寒環境下における橋梁の予防保全・補修補強技術に関する研究
  ・落石防護工の性能照査・補修補強技術に関する研究
寒地地盤チーム(別ウインドウが開きます)
 主な研究内容  
  ・泥炭性軟弱地盤上の構造物の効率的な維持管理手法に関する研究
  ・冬期の土工、地盤の凍上に関する研究
  ・特殊土地盤における基礎構造物の耐震性能評価に関する研究
防災地質チーム(別ウインドウが開きます)
 主な研究内容  
  ・融雪斜面災害に関する研究
  ・岩盤斜面災害に関する研究
  ・自然由来重金属に関する研究
ページの先頭へ

寒地保全技術研究グループ

 積雪寒冷地の土木施設は、高齢化にくわえ、低温に起因した凍結や融解作用の影響および海水や凍結防止剤による塩分の影響などを受けています。このため、凍害単独や塩害等との複合劣化、凍上や支持力不足などによる機能低下が生じています。
 このような環境条件下において、耐久性を向上させ、土木施設の機能をより長く適切に維持していくために、特に積雪寒冷地固有の特殊な条件に対応した、設計や保全技術の開発が求められています。
 寒地保全技術研究グループでは、これらの課題に対処するため、耐寒材料チームと寒地道路保全チームにおいて、積雪寒冷地におけるコンクリート構造物や道路の舗装等の耐久性を向上させるための品質管理および維持補修、更新、補強技術など機能を保全する技術開発に関する研究を行っています。
耐寒材料チーム(別ウインドウが開きます)
 主な研究内容  
  ・コンクリート構造物の品質管理・検査および補修対策技術に関する研究
  ・凍害や塩害との複合劣化を受けたコンクリート構造物の耐久性や耐荷力の
  評価に関する研究
寒地道路保全チーム(別ウインドウが開きます)
 主な研究内容  
  ・寒冷地舗装の劣化対策に関する研究
  ・環境に配慮した舗装技術に関する研究
ページの先頭へ

寒地水圏研究グループ

 寒冷地域である北海道では、年間降水量の約半分を降雪が占めているため、融雪時の流出機構が河川環境の形成に大きな影響を及ぼしています。また、沿岸域は、豊かな水産資源に恵まれる一方、冬期には寒冷な気候や流氷の来襲といった過酷な自然条件に曝されます。
 寒地水圏研究グループは、河川流域や沿岸域における人々の暮らしの安全・安心、活力ある人間活動の場の確保と豊かな自然環境の保全とを両立させる上で必要になる技術の開発やそれらの相互作用に係る調査を行い、行政の最前線における事業推進に貢献する研究を行っています。
寒地河川チーム(別ウインドウが開きます)
 主な研究内容  
  ・河川堤防の越水破堤の機構解明と被害軽減技術に関する研究
  ・河川結氷の機構解明と結氷災害対策技術に関する研究
水環境保全チーム(別ウインドウが開きます)
 主な研究内容  
  ・魚類に対する河道の連続性及び産卵床環境に関する研究
  ・濁質流出の影響評価・管理手法に関する研究
寒冷沿岸域チーム(別ウインドウが開きます)
 主な研究内容  
  ・流氷勢力の変動に対応する沿岸構造物の設計に関する研究
  ・津波による流氷来襲に備えた沿岸防災に関する研究
水産土木チーム(別ウインドウが開きます)
 主な研究内容  
  ・沿岸構造物の自然環境調和機能に関する研究
  ・沿岸域の環境保全に関する研究
ページの先頭へ

寒地道路研究グループ


【寒地道路研究グループ】のホームページ「北の道」はこちら(別ウインドウが開きます)

 積雪寒冷地における冬期道路においては、道路への降積雪、路面の凍結、吹雪による視程障害や雪崩などのため、渋滞、事故、通行止めが発生します。人口の減少や高齢化、厳しい財政事情の中、豊かで質の高い国民生活を支え、積雪寒冷地域の活力を引き出すためには、より効率で効果的な冬期道路管理技術や冬期交通事故に有効な事故対策等により、冬期道路交通の機能を維持し向上させることが肝要です。また、近年の気候変動などにより、多量降雪、吹雪や雪崩など雪氷災害も激甚化してきており、これらへの対策技術により雪氷災害の国民生活や社会経済活動への影響を軽減することが必要です。このため、寒地道路研究グループでは、寒地交通チーム、雪氷チームにおいて、これら積雪寒冷地道路の機能の維持、向上及び雪氷災害対策に関する研究を実施しています。
寒地交通チーム(別ウインドウが開きます)
 主な研究内容  
  ・冬期路面管理水準の判断支援技術に関する研究
  ・郊外部における車線逸脱防止対策技術に関する研究
ランブルストリップス(別ウインドウが開きます)
冬期道路プローブ調査(別ウインドウが開きます)
雪氷チーム(別ウインドウが開きます)
 主な研究内容  
  ・雪氷環境の変化に関する研究
  ・吹雪の視程障害予測及び危険度評価技術に関する研究
  ・湿雪雪崩の危険度評価技術に関する研究
道路吹雪対策マニュアル(別ウインドウが開きます)
ページの先頭へ

寒地農業基盤研究グループ

 北海道は積雪寒冷地で、また、泥炭や重粘土など特殊な土壌が広く分布し、厳しい営農環境の下にありますが、土壌改良や農業用水路、排水路などの農地及び農業水利基盤の整備などにより、現在では専業農家を主体とした生産性の高い大規模農業を展開しており、日本の食料基地となっています。
 今後とも豊富な水資源や広大な土地資源を活かした力強い北海道農業を発展させるために、既存の農地基盤や農業水利施設を良好に保全・管理するとともに、気候変動や水需要の変化に対応した水利機能の強化や地域の有機資源や自然エネルギーを利活用するシステムの確立などについての研究や技術開発を「資源保全チーム」と「水利基盤チーム」により進めています。
資源保全チーム(別ウインドウが開きます)
 主な研究内容  
  ・地下灌漑による大区画水田の土壌養分制御技術に関する研究
  ・家畜糞尿の発酵物等により土壌生産性を改善する技術に関する研究
資源循環プロジェクト(別ウインドウが開きます)
水利基盤チーム(別ウインドウが開きます)
 主な研究内容  
  ・農業水利施設の凍害劣化の診断手法と耐久性向上技術に関する研究
  ・大規模農地からの土砂流出制御技術に関する研究
  ・積雪寒冷地における気候変動下の農業用水管理に関する研究
ページの先頭へ


技術開発調整監


【技術開発調整監】のホームページはこちら(別ウインドウが開きます)

 技術開発調整監及びそのスタッフは、北海道を中心とした積雪寒冷地域の開発推進に必要な技術的課題の解決及び研究成果の普及等を、より一層効果的・効率的に実施することを目的として、平成20年度に組織されました。技術開発調整監のもとに、寒地技術推進室、道南・道北・道東の3支所及び寒地機械技術チームが設置されています。いずれも所全体を横断する業務を担当しており、所内の各研究チームや事業実施機関等との連携・協力のもとに、寒地技術推進室は北海道内外における研究成果の普及や知的財産のマネジメント、支所は地域における技術普及活動や研究活動、寒地機械技術チームは積雪寒冷地における機械技術や情報通信技術を駆使した研究開発等に取り組んでいます。
寒地技術推進室(別ウインドウが開きます)
 寒地技術推進室は、寒地土木研究所の研究成果の普及、研究成果から得られた特許等の知的財産のマネジメント、技術相談・技術指導及び研究所の広報等に関する業務を行っています。
支所
 道北・道東に設置された2支所は、地域に密着した研究所の出先機関として、地域の技術的課題の解決に向けて、地域からの技術相談に対応するとともに、研究成果の地域への普及や地域の技術力向上のための活動を行っています。また、研究チームと連携して現地調査及び現地試験等の研究活動を行うとともに、研究成果を論文等で発表しています。
寒地機械技術チーム(別ウインドウが開きます)
 主な研究内容  
  ・効率的、効果的な除雪技術に関する研究
  ・寒冷海域における沿岸施設の水中調査技術に関する研究
ページの先頭へ


研究ユニット

 社会・行政ニーズに対応した研究への柔軟かつ横断的対応を図るため、研究ユニットを設置しています。研究グループ・研究チームの枠にとらわれず、研究開発を効果的・効率的に実施しています。
地域景観ユニット(別ウインドウが開きます)
 主な研究内容  
  ・土木景観に関する研究
  ・社会資本の観光利活用に関する研究

このページのトップへ