寒地土木研究所

  • 文字サイズ:
  • 文字サイズ「最大」
  • 文字サイズ「大」
  • 文字サイズ「標準」

寒地土木研究所千島桜並木一般公開

 
寒地土木研究所ページトップ
桜公開タイトル

"平成23年度の千島桜公開は終了しました

  平成23年度の千島桜並木一般公開は終了しました。最新の情報は当所ホームページ「イベント情報」からご確認ください。

寒地土木研究所千島桜並木とは

  現在、寒地土木研究所には、構内を流れる精進川沿いに約200本の千島桜が植樹されています。この千島桜は昭和59年、当時の職員が「構内美化のためにも皆が末永く楽しめる植物を植えたい」という願いから、道東の厚岸郡浜中町霧多布の苗木を植樹したのがはじまりでした。植樹当初は幼木だった桜も、現在は3~4mの大きさにまで成長し、例年5月初旬には一斉に開花して、見る人の目を楽しませてくれます。

平成22年 千島桜並木一般公開時の様子
千島桜イメージ1 千島桜イメージ2

千島桜とは

  千島桜は北海道では道東や道北を中心に、本州では中部以北の亜高山帯、そして千島、サハリン等に自生している落葉低木で、2~2.5㎝程度の淡紅色又は白色の花をつける北方系の桜です。日本で最も遅く桜前線がたどり着く名所として根室の清隆寺が有名ですが、清隆寺の桜もこの千島桜です。

開催日程

  平成23年5月2日(月)~5月11日(水) 平成23年度の千島桜公開は終了しました
  ※8時30分 から 20時00分 まで  (夜間はライトアップします)

平成23年度千島桜並木一般公開ポスター

  • お問い合わせ先 : 寒地土木研究所 管理課
  • 電話 : 011-841-1624
  • FAX : 011-832-5662


ADOBE READERダウンロード

PDFファイルを開く為には、Adobe Readerかフォトショップ等のPDF形式に対応したアプリケーションが必要です。お持ちでない方は、左バナーからダウンロードをお願いします。

このページのトップへ