寒地土木研究所

  • 文字サイズ:
  • 文字サイズ「最大」
  • 文字サイズ「大」
  • 文字サイズ「標準」

イベント情報

 
寒地土木研究所ページトップ

イベント情報一覧

寒地土木研究所イベント一覧

  1.  技術者交流フォーラム事業(第33回) in 釧路

技術者交流フォーラム事業(第33回)in釧路パンフレット

シンポジウム:根釧地域の農業のあゆみと未来にむけて
                     ~根釧地域の開拓から現在、
                              未来のあるべき姿について~

    技術者交流フォーラム事業は、国立研究開発法人土木研究所寒地土木研究所が、地域において求められる技術開発や北海道総合開発計画の推進に資する技術開発等に関する情報交換、産官学の技術者の交流及び連携を図る目的で、道内各地において開催しています。平成29年度からは北海道開発局各開発建設部と連携して事業の企画運営を行っています。
    第33回の技術者交流フォーラム事業では、大規模酪農地帯となった根釧地域の開拓から現在のあゆみを振り返り、地域の食や観光を含めた未来に向けた取り組みを紹介し、地域の将来について語り合います。


    1. 日 時 平成30年12月13日(木) 14:00~17:00

    2. 会 場 ANAクラウンプラザホテル釧路 3階「万葉」
                    釧路市錦町3-7

    3. 開会挨拶  14:00~14:10
              北海道開発局 釧路開発建設部長                                                                伊東 晃

    4. 基調講演  14:10~15:00(50分)
              「根釧地域の農業のあゆみと未来にむけて」
              帯広畜産大学 環境農学研究部門 農業環境工学分野 
              農業環境工学系 教授                                                                    梅津 一孝 氏

    5. 講 演
           1) 15:10~15:40(30分)
             「根釧地域の開拓から現在、釧路港における国際バルク戦略港湾形成にむけた整備」
               釧路開発建設部 次長(港農水担当)                                                     田澤 裕之

           2) 15:40~16:10(30分)
             「簡易軌道が根釧地域の農業に果たした役割」
               雪印メグミルク株式会社 生産部 副部長                                       佐々木 正巳 氏

           3) 16:10~16:40(30分)
             「大規模酪農地帯の家畜排泄物の適切な管理方法に対する研究について」
               国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所
               資源保全チーム 総括主任研究員                                                         中山 博敬


    6. 質疑応答   16:40~16:55(15分)


    7. 閉会挨拶   16:55~17:00(5分)
                国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所長                                      柳原 優登



   【主催】 国土交通省北海道開発局釧路開発建設部
                    国立研究開発法人土木研究所寒地土木研究所
   【共催】 公益社団法人日本技術士会北海道本部道東技術士委員会
   【後援】 国立大学法人帯広畜産大学、一般社団法人釧路建設業協会、釧根測量設計業協会


  ※このフォーラムは、(公社)土木学会継続教育(CPD)プログラムとして認定されています。


  ※定員は200名です。参加を希望される方は事前にお申し込みをお願いします。


  ※申込締切は、平成30年12月12日(水) です。


 パンフレット及び参加申込書はこちら (PDF約1,373KB)

 参加申込書(Excel)はこちら (Excel約31KB)




ADOBE READERダウンロード

PDFファイルを開く為には、Adobe Readerかフォトショップ等のPDF形式に対応したアプリケーションが必要です。お持ちでない方は、左バナーからダウンロードをお願いします。

このページのトップへ