寒地保全技術研究グループの様子
平成24年度寒地土木研究所一般公開開催報告 テーマ:「~歩みを重ねて75年 未来へつなぐ北の土木の可能性~」
寒地保全技術研究グループの様子
耐寒材料チーム

耐寒材料チームでは「探してみよう!コンクリートはいろんなところに使われているよ!」をテーマに、コンクリート材料及び試験機器の展示・解説などを行ったほか、体験コーナー「セメントで遊ぼう」を設けました。

コンクリートは何で出来ているのか、どうやって作るのかの説明の後、実際に色付けしたセメントに触れてもらい、好みの型枠に流し込んでペーパーウエイトを作成してもらいました。よく固まった後に持ち帰ることができるので子どもたちに大人気でした。

寒地道路保全チーム

寒地道路保全チームでは「人と環境に配慮した道づくりを目指して」をテーマに、FWD(重錘落下式たわみ測定装置)の展示、サーモグラフィーによる温度の測定、舗装の模型展示、供試体でのボーリングゲームなどを行いました。

今回初めて展示したFWDは錘を舗装路面に落下させることで変形する路面の形状を測定し、舗装構造を診断するもので、珍しい装置に来場者は足を止めて熱心に説明を聞いていました。