寒地保全技術研究グループの様子
平成25年度寒地土木研究所一般公開開催報告 テーマ:「~伝えたい暮らしを守る北の知恵~」
寒地保全技術研究グループの様子
耐寒材料チーム

耐寒材料チームでは「コンクリートの魅力を知ろう!いつ知るの?今でしょ!」をテーマに、コンクリート材料及び試験機器の展示・解説などを行ったほか、体験コーナー「セメントで遊ぼう」を設けました。

セメントで遊ぼうのコーナーは、作成したペーパーウエイトを持ち帰ることができるため子供たちに大人気で、真剣な様子で自分たちが選んだ型枠にセメントで作製したモルタルを流し込んでいました。

寒地道路保全チーム

寒地道路保全チームでは「守るぞ!北の道路、そして未来」をテーマに、FWD(重錘落下式たわみ測定装置)の展示、サーモグラフィーによる温度の測定、舗装の模型展示、供試体でのボーリングゲームなどを行いました。

FWDは錘(おもり)を路面舗装に落下させその時の、路面の変形(たわみ)を測定することで舗装健全度を診断するもので、来場者は車内を珍しそうに見たり熱心に説明を聞いていました。