寒地道路研究グループの様子
平成25年度寒地土木研究所一般公開開催報告 テーマ:「~伝えたい暮らしを守る北の知恵~」
寒地道路研究グループの様子
寒地交通チーム

寒地交通チームでは「安全・快適 北の道~すべラン、事故ラン、セーフティーラン~」をテーマに、ランブルストリップス体験、多用途低温実験室の公開、観測車の展示などを行いました。

舗装道路に溝を掘り、その上を通過する車両に対し不快な振動や音を発生させ、道路の中央線を自動車がはみ出すのを注意喚起する「ランブルストリップス」の体験コーナーでは、実際に乗用車に乗車いただき、構内に設置したランブルストリップスの上を走行することで発生する音と振動を体感していただきました。

雪氷チーム

雪氷チームでは「安全・快適 北の道 ~真夏の雪の思い出~」をテーマに、折り紙を使った雪の結晶づくり、ミニチュア模型実験、視程障害移動観測車の展示などを行いました。

大きなビニール袋を使って雪崩が接近してくるのを体験できるコーナーでは、袋を下からのぞいていた子供たちが模擬雪崩の迫力に驚きの歓声を上げていました。